contact

ホスピタリティと自走の両輪がストリートスマートの魅力/Education 講師 相馬・後編

ホスピタリティと自走の両輪がストリートスマートの魅力/Education 講師 相馬・後編

ストリートスマートの魅力的な社員を知ってもらいたいと始まった社員インタビュー。7人目はEducation事業部の相馬 麻里さんです。

前半では、業務内容や未経験から転職したきっかけ、そして仕事をする上で大切にしていることなどをお伺いしました。後半では仕事の面白さやストリートスマートの魅力や今後の展望などをお伺いしております。ぜひご一読ください。

プロフィール:
相馬 麻里さん
2020年入社/社会人12年目
Education事業部

もし教員に戻ったら、Google for Education のコラボレーションを活用したい

ー講師をしていて嬉しい瞬間はどういう時でしょうか?

相馬:セミナー後に先生から「目から鱗でした、早速使ってみます!」と喜びの声をいただけたり、学校でICTの活用が進んでいることを聞いたりすると、教育現場の変革の一助になれていることを感じてとても嬉しいですね。

ーもし相馬さんが中学教員に戻ったとしたら、 Google for Education をどのように活用されますか?

相馬:Google for Education を知れば知るほど、コラボレーションやコミュニケーションを容易にできるのが一番の魅力だと実感しています。共有したり、グループ編集したり、みんなの前で意見を出して見せたりすることが簡単にできるんです。

教員時代は、紙を回してみんなの意見を書いてもらうことで考えを集約していましたが、Google for Education なら同時編集機能を使ってその場で全員に書き込みしてもらうことができます。他にも、先生が子どもたちの意見をまとめ直し、印刷してから次回の授業でプリントを配っていたのを、Google for Education なら先生が一括集約して共有することで、その場ですぐにみんなの意見を見ることができるので、そういったことを活用すると思います。

今の教育に必要とされている、主体的で対話的な学習が可能ですし、他者の意見を広く知る機会をたくさん設けられるので、発表活動などにも活かしたいですね!


ストリートスマートの魅力とは、ホスピタリティと自走の両輪

ーEducation事業部の仕事の面白さはなんですか?

相馬:2つあります。1つは、先生の働き方が変わることで子どもたちの教育に大きく還元できる実感を得られることです。

もう1つは、ストリートスマートは社会や学校教育全体を良くしていくことを常に考えているので、例えば、利益にはあまり繋がらなくても学校教育の為になるなら積極的にやろう!という風潮があるんです。

もちろん企業として事業を行っていく上で利益を出すことは重要ですが、利益だけを追求するのではなく、ベストなバランスを模索しながら日々何ができるかを考え、変化しているのが非常に面白いです。

ー相馬さんから見る、ストリートスマートの魅力はなんでしょうか?

相馬:凄いなといつも思うのは、メンバー全員が自分で掴みに行く姿勢で「自走している」ところです。誰も仕事に対して受身になっておらず、自分には何ができるか?というのを常に考えているんです。

また、その根底には「先生方をサポートしたい」「子どもたちの未来をより良くしたい」と、相手の為にという想いを持っているのがすごく魅力的だなと感じています。

このホスピタリティ精神は、日々メンバーとコミュニケーションをとる中で、助けてくれたり声をかけてくれたり、いろんな場面で感じますね。

今後はより幅広い領域や事業戦略にも携われる人材になっていきたい

ー逆に、ストリートスマートの課題はありますか?

相馬:課題というか、リソース不足をなんとかしたいですね。2020年度から「GIGAスクール構想」という義務教育課程の児童生徒に1人1台端末を整備する構想が始まり、ICTの導入を支援する、という我々が提供するサービスへの需要がかなり高まっていると日々感じています。

私たちのリソースがさらにあれば、GIGAスクール構想を一気に推し進める一助となれるので、絶賛仲間を募集中です!!

今、日本の教育は大きな変革期を迎えていて、その重要な局面に直接携われることは非常にやりがいがあります。志とホスピタリティ精神を持った方に、ぜひ仲間になっていただけたら嬉しいです。

ー最後に、相馬さんの今後の展望はなんでしょうか?

相馬:現在は講師業がメインなのですが、今後は、Education事業部やストリートスマート全体の事業戦略に踏み込んでいける人材になりたいです。まだまだ知らないことも多いので、日々視野を広く持ち、スキルアップしていけるよう精進していきます!

Education事業部の相馬さんに、仕事の面白さやストスマの魅力などをお話いただきました。今、日本の教育は大きな変革期が訪れており、Education事業部の事業は日本の未来の一助を担っている、社会性が高い事業だということが伺えました。


*Education事業部の講師を募集しています!
Google 公認トレーナー/ICT教育の未来を牽引するトレーニング講師募集

ストリートスマートでは子どもたちの未来を共に創る仲間を積極的に募集しています。また、相馬さんが所属するEducation事業部だけでなく、企業向けにICTの導入・活用支援を行うEnterprise事業部でも採用を行っています。ご興味のある方はぜひ採用ページをご覧ください。

*Education事業部に関連するその他のインタビューは下記よりご覧いただけます
・事業部長インタビューはこちら
・講師インタビューはこちら
・Educationメンバーインタビューはこちら

Education事業部の事業についてより深く知りたい方は、弊社のサービスページをご覧ください。
〈MASTER EDUCATION〉
https://master-education.jp/


関連記事 Pick Up