contact

「ストリートスマートのEducation事業部ってどんなことしているの?」図解してみました!

「ストリートスマートのEducation事業部ってどんなことしているの?」図解してみました!

図解シリーズ第1弾「会社全体編」、第2弾「Enterprise事業部編」に続き、今回はEducation事業部編」をお届けします。

 

「Education事業部ってどんなことをしているの?」「教育現場の課題は?提供しているサービスは?」「どんなメンバーがいるの?」そんな疑問にお答えできるよう、Education事業部に関する内容を図解しています!少しでもEducation事業に対する理解が深まれば幸いです。

 

ストリートスマートの「ミッション」「ビジョン」「事業」

はじめに、改めて会社が掲げるミッション・ビジョン、そして事業内容を。

 

 

Education事業部が取り組む課題とは?

 

💡POINT!

・時代の変化や感染症の影響を要因に、教育現場は多くの問題を抱えている。その打ち手のひとつがICTの活用である。
・文部科学省が掲げる「GIGAスクール構想」により、端末の導入・整備が進んでいる。一方で現場の先生からはICTに対する後ろ向きな声も聞かれる。
・まさに「ICTが根付くかどうかの分岐点」にいる。

 

どんなサービスを提供しているの?

 

💡POINT!

・学校や教育委員会の、ICT活用フェーズに合わせてさまざまなサービスを提供している。
・支援のゴールは、その学校が自走しながらICTを使いこなし、現場の問題が解決されること。
・そのために、ICTツールの「販売」ではなく「活用」にフォーカスして支援を行なっている。

 

お客様に対して、例えばどんな支援をしているの?

 

💡POINT!

・長期的に支援させていただく場合、ICT活用のどのフェーズにあるかを定義し支援計画を立てる。
・各フェーズで、多面的なソリューションを用意している。

 

どんな実績を持っている?

 

💡POINT!

・Google社 から多くの表彰・認定実績がある
・研修はこれまでの累計で44都道府県で開催
・支援させていただいた累計ID数は1,372,000ID以上

 

どんなメンバーが働いている?

 

💡こんなメンバーが多い!

・「教育を変えたい」「先生の働き方を変えたい」と教育領域に想いを持つ
・「自身を変化させながら成長したい」という成長意欲
・「ストリートスマートの魅力は”人”」だと感じている

 

紹介ムービーも是非ご覧ください

Education事業部の紹介ムービーもあります。2分強で見れますので、是非ご覧いただけたら嬉しいです。

 

 

ICT活用を推進し、子どもたちの未来をつくる仲間をお待ちしています!

 

Twitterハッシュタグ「#ストスマってこんな会社」でもつぶやいています!

ストリートスマートでは未来を共に創る仲間を積極的に募集しています。、ICTの導入・活用支援を教育機関向けに行うEducation事業部、企業向けに行うEnterprise事業部、そのほかWebマーケティンググループやコーポレートデザイン部でも採用を行っています。ご興味のある方はぜひ採用ページをご覧ください。

関連記事 Pick Up